展覧会「タレスの刻印」開催

2022年9月11日より10月2日まで日本橋馬喰町のギャラリーNEORT++にて展覧会「タレスの刻印」を開催します。これは星空を撮影した写真展ながら、星空とは思えないような写真であり、半透明のアクリル・パネルに360度全周囲映像を投射して写真展とは思えないような展示になっています。ご高覧いただければ幸いです。初日の夕方にはレセプションとアーティスト・トークもあります。

展覧会「タレスの刻印」

夜空を見上げ、動きながら星々を記譜する

会期 2022.09.11(日)〜2022.10.02(日) 14:00〜19:00
   月、火、祝日は休館
会場 NEORT++
   東京都中央区日本橋馬喰町 2-2-14 maruka 3F 【地図】
  (道路から見ると駐車場の奥にドアがあり、階段を登って3階が会場です)
公式サイト

オープニング・レセプション&アーティスト・トーク
日時 2022.09.11(日) 18:00〜21:00
会場 NEORT++
(どなたでもご参加いただけます)

フライヤー
ポスター
会場入口
展示風景

星空の自転車

「タレスの刻印」は特殊な撮影方法、すなわち運動(移動)しながら星空を長時間露光した写真および動画だ。これは瀬川晃の回転するグラフィック・デザインや、柴原佳範のピンホール・カメラ自転車にも通じる。今回の展覧会には含まれないものの、撮影時の運動(移動)手段として自転車を試している。このような撮影装置としての自転車は、探求すべき魅力があると思う。

これまでアクション・カメラなどのスタビライズ性能を検証してきたのも役立ちそうだ。それは自転車には小刻みで時には激しい路面振動があるからだ。もっとも最近のスタビライズ能力は凄まじく、振動を抑えるだけでなく、水平維持にも優れている。しかし、アクション・カメラは暗所に弱く、僅かな光量しかない星空撮影は難しい。この性能自体は如何ともしがたく、まだ解決できていないのが現状だ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。