CITY CYCLINGガイドブックで空想サイクリング

CITY CYCLINGは、かつてRaphaから発売されていた都市ごとにサイクリングを楽しむガイドブック集。2013年にヨーロッパの9都市8冊が刊行され、2018年には続編としてアメリカ合衆国の4都市4冊が出版されている。1冊ごとに購入できるだけでなく、ボックスセットもある。すでにRaphaのオンライン・ショップでは掲載されておらず、絶版状態ではあるものの、Amazonなどではまだ入手できるようだ。

すべての冊子は同じフォーマットで統一されており、文庫本より一回り大きなサイズで50ページほど。狙ったのであろう、ちょうど良い具合に背中のポケットに収まる。表紙は厚紙で見開きカバーになっており、都市の全体地図とお勧めの一日サイクリング・コースを掲載、裏表紙も見開きで都市の基本データと本文で使われる記号の凡例が掲載されている。

本文は厚手で淡い黄色みがかった書籍用紙に、クラシカルな書体のテキストと手書きのイラストが印刷されている。古風な雰囲気が味わい深い。文字は小さく地図は細いので、視力が弱い人は読みにくいかもしれない。思わず2本指でピンチアウトして拡大したくなる。ただ、英文のためもあって、目を皿ように凝らして読み解く楽しさがある。実際、小冊子にしては膨大な情報が詰め込まれている。

手書きのイラストは、写実的ではない作風で街の雰囲気を伝えようとしている。これがとても印象深く、想像をかきたてる。ほとんどの旅行本が写真を用いるのとは大違いだ。しばしば言われるように、多くの観光客は写真で見た観光名所を再確認しているに過ぎない。これに対して自転車では、些細な街角を含めて包括的に街を巡ることになる。だからこそ感性を刺激するシンプルなイラストが相応しい。

取り上げられている都市は以下の通り。いずれもサイクリングが盛んな街なのだろう。それは多くの都市にRaphaのクラウブハウスが設置されていることからも分かる。それならばアジア版も作って欲しい。東京&大阪、ソウル、香港、台北、新しいボックスセットができる。それぞれの街で個性のあるサイクリングが楽しめるに違いない。

CITY CYCLING Europe

  • パリ
  • ミラノ
  • ロンドン
  • コペンハーゲン
  • ベルリン
  • バルセロナ
  • アントワープ&ヘント
  • アムステルダム

CITY CYCLING USA

  • シカゴ
  • ロサンジェルス
  • ニューヨーク
  • サンフランシスコ

筆者は大半の都市を短期間ながら自転車で走ったことがあり、その時の記憶が鮮やかに蘇る。しかし、知らなかった場所もたくさんあるし、数年を経て冊子の内容とは異なっている場所もあるだろう。ましてや訪れたことのない都市であれば、旅情をかき立てられて仕方がない。新型コロナウイルスで気軽に海外に行けない昨今だ。このガイドブックで空想サイクリングをしばし楽しもう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA