プラクティカル・サイクリング

実践的に自転車に乗る。いや、そもそも、実践的ではない自転車乗りは可能なのか?

ウクライナでサイクリング

【閲覧注意】戦争の砲撃で破壊された街や惨殺された人の遺体などショッキングな写真が掲載されています。そのような画像にストレスを感じる方は閲覧をおやめください。 ロシアが軍事侵攻したウクライナでの自転車関連の写真を紹介する。「Bicycle Ukraine」といったキーワード検索の結果からの抜粋で、順不同である。砲撃で破壊された街で自転車に乗る人々は毅然としており、当初は牧歌的にすら思えた。だが、悲惨 ...
続きを読む

プーチンさん自転車に乗る

ロシアの大統領ウラジーミル・プーチン(Владимир Владимирович Путин / Vladimir Vladimirovich Putin)が自転車(велосипед)で緑豊かな公園を走る映像がある。フラフラと乗るのはフル・サスペンションのマウンテン・バイク。機関銃は付いていない。並走するのはタンデム体制の盟友ドミートリー・メドヴェージェフ(Дмитрий Анатольевич ...
続きを読む

ゼレンスキーさん自転車に乗る

ウクライナの大統領ウォロディミル・オレクサンドロヴィチ・ゼレンスキー(Володимир Олександрович Зеленський / Volodymyr Oleksandrovych Zelenskyy)は、コメディアンとして活躍していた。彼はテレビ・ドラマ「国民の僕(Слуга народу / Servant of the People)」(2015〜)を制作、主演している。学生が隠 ...
続きを読む

オランダの国立自転車博物館Velorama

オランダ東部の地方都市ナイメーヘンにあるオランダ国立自転車博物館Veloramaは、こじんまりとした建物ながら、3フロアに渡って夥しい数の自転車が展示されている。近代的な自転車はほとんどなく、今日の我々には馴染みのない骨董品的な自転車がほとんどだ。これらは進化の袋小路に咲いた徒花のように見える。古めかしい建物と相まって、ヨーロッパ自転車黒歴史館とでも呼びたくなる怪しい魅力が漂う。 今日の自転車の元 ...
続きを読む

人間の夢としての自転車

「Bicycles As Human Dreams」は、1992年に出版された化粧箱入りハードカバーの美しい写真集。約90ページに渡って、落ち着いたトーンで数々のクラシカルな自転車が紹介されている。写真と印刷のクオリティが高く、掲載された自転車は、いずれも美術品であるかのように格調が高い。いささかポエムがかった箇所があるものの、自転車の歴史を辿る解説文は簡潔で読み応えがある。 本書は、レオナルド・ ...
続きを読む

戦争する自転車、ドイツ国防軍の自転車部隊

「Radfahrschwadronen」は自転車部隊といった意味だろうか、サブタイトルの「Fahrraeder im Einsatz bei der Wehrmacht 1939-1945」が示すように、ドイツ国防軍で1939年から1945年まで使用された自転車についてのドイツ語文献。ハードカバーで全79ページの薄い書籍。本文にあたる文章は少なく、鮮明なモノクロ写真が1ページに2枚程度ずつ配された ...
続きを読む

戦争する自転車、進撃の銀輪部隊

自転車の原型のひとつがホービーホースと呼ばれる車輪付き木馬であったように、自転車は遊びや気晴しであり、スポーツや旅行の乗り物として発達した。だが、暗い時代になると、ご多分に漏れず、自転車は戦争の道具と化す。いや、正確には戦争に利用されようとしたものの、するりと魔の手を逃れたのが自転車のようだ。それが証拠に自転車が活躍する戦争映画は思い当たらない。 戦争と自転車の文献も少ないが、ひとつ入手できたのが ...
続きを読む