都内ピストライド映像記録

知人から今後の自転車走行記録を映像として保存するべくGoPro HERO8とGoPro FUSIONの2台をお借りした。

しかしながら梅雨は自転車乗りへの天敵、購入してまもないピストバイクを雨に濡らせて錆びさせたり、滑って転んで大事故というわけにも行かず、一度テスト撮影として撮りためてきたテスト映像をゆるりと見返していきたい。

基本的には通勤途中の映像、退勤途中の映像、土日出勤途中のデータが多いため、通過地点としては新宿~代々木~渋谷・青山~六本木~品川が基本である。

この中で特に面白い自転車走行空間に出会ったのは、品川駅から近い都道480号線である。他では見たことがない ”自転車専用通行帯” と ”駐車枠” を明確に切り分けている自転車走行空間となっている。都内を走っていて大きなストレスと感じていた自転車の進むべき道を阻む路上駐車問題への解決策となっている。

調べてみると東京都自転車走行空間整備推進計画(6~9章)のp34に、この都道480号近辺をモデル地区として自転車通行の整備を進める取り組みを行なっているそうだ。

この手法のモデルとなっているのがニューヨークなどでも用いられている自転車走行空間の形式らしく、 “構造分離自転車走路” と呼ぶそうだ。

構造分離自転車走路ついては、かなり長い記事となっているが詳しくさまざまな事例をもとに解説している記事も見つけた。ニューヨークやロンドンなど、自転車への理解が深い国の取り組みを後追いする形でもかまわないので、日本国内の自転車走行空間アップデートを心待ちにして自身の理解を深めていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA