Vanishing Ride / 消失するライド

Masayuki Akamatsu
Vanishing Ride
2018-2019

Medium
Two 4K Displays, macOS Computer, Original Software

Running Time
Ride to Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, 2018: 9’30”
Ride under Cherry Blossoms at Ooshima-tsutsumi, 2019: 9’30”
Ride around Angkor Ruins and Siem Reap City, 2019: 9’30”

Copyright
© 2018-2019 Masayuki Akamatsu

Artist Statement: Vanishing Ride

Vanishing Ride is a work of video art in which the camera approaches or moves away from a vanishing point by bicycle. The piece is composed of two contrasting videos. One of these was recorded using cameras attached to the front or the back of a bicycle. The vanishing point at the center of the receding landscape is clearly visible. The spatial and temporal movement of the footage is emphasized through time-lapse photography and by flipping the image vertically. The other video is made up of hundreds of frames taken from the first video’s footage superimposed and flipped horizontally. This video comes to resemble a painting that changes at an incredibly slow rate. The overall image is vague and obscure, and even the vanishing point vanishes. Each of these videos is shot in 4K UHD (3849 x 2160 pixels) at 30 fps. The two displays or screens are arranged side by side at the same height. Other arrangements are possible, but neither of the videos is ever displayed on its own. Starting with the “Ride to Fukushima Daiichi Nuclear Power Station,” I created a series of pieces using this visual structure. When talking about perspective, the “vanishing point” is the point on the visual field where parallel lines appear to converge.

Ride to Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, 2018

This timelapse video was filmed in October 2018 while bike-riding from Soma City in Fukushima Prefecture to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. The footage was sped up ten times. The path I took began at the “Minami Soma” rest area and continued south along Japanese Route 6 before entering a local road near the closed Fukuura elementary school. After that, I rode past the Ukedo fishing port and finally arrived at a point 4 km away from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. Past that point, radiation reaches high levels and entry is prohibited. I turned back, returning by train to Soma City from JR Namie Station.
Running time: 9 minutes 30 seconds

Ride under Cherry Blossoms at Ooshima-tsutsumi, 2019

Timelapse footage recorded in April 2019 on a bicycle ride along Ooshima-tsutsumi, a cherry-tree-lined road in Ogaki City, Gifu, and sped up two times. Ooshima-tsutsumi is a part of a circle-shaped levy constructed in Ogaki prefecture in the early part of the Edo era. It was built to protect the village from flood. Judging from the peculiar shape of this terrain, floods must once have caused enormous damage here. Nowadays, it is maintained as a cycling road. Two to four rows of cherry trees run along either side of the path, and in Spring the path becomes a magnificent tunnel of cherry blossoms.
Running time: 9 minutes 30 seconds

Ride around Angkor Ruins and Siem Reap City 2019

Timelapse footage recorded in January 2019 while riding around the ruins of Angkor on the outskirts of Siem Reap City and sped up by a factor of ten. The Khmer dynasty who left these ruins behind was a prosperous empire, but it was invaded by a neighboring kingdom and fell to ruin. The city was abandoned and swallowed by the jungle. The massacres committed by the Khmer Rouge in the latter half of the 20th century are not unrelated to this; without realizing it I rode right next to the killing fields.
Running time: 9 minutes 30 seconds

作品ノート: 消失するライド

Vanishing Rideは自転車で消失点へ向かう、あるいは消失点から離れようとする作品で、対比的に展示される2つの映像から構成される。そのひとつは自転車の前方または後方に取り付けたカメラで撮影した映像で、流れ去る風景の中心に消失点が明確に見て取れる。この映像はタイプラプス(早送り)と上下反転によって時間的および空間的に移動が強調される。もうひとつは同じ映像から左右反転した数百フレームを重ね合わせて作られており、極めてゆっくりと変化する絵画のような質感の映像となる。この映像では全体が曖昧模糊としており、消失点も消滅する。いずれの映像も4K UHD(3840×2160ピクセル)30fpsであり、2つのディスプレイまたはスクリーンは同じ高さで左右に配置される。これによらない配置も可能だが、いずれか一方だけを展示することはない。このような映像構成によって「福島第一原子力発電所へのライド」を第1作とする複数のシリーズ作品が制作された。なお、消失点とは遠近法において平行線が無限遠で交わる点である。

福島第一原子力発電所へのライド(2018年)

2018年10月に福島県相馬市から福島第一原子力発電所に自転車で向かった際に10倍速のタイムラプスで撮影。経路としては道の駅「南相馬」から国道6号線を南下し、閉鎖されている福浦小学校近くから地方道に入る。その後は請戸漁港を経て福島第一原子力発電所まで4kmほどの地点に達する。そこからは放射線量が高く、立ち入りが禁止されている区域なので、引き返してJR浪江駅から輪行で相馬市に戻った。
再生時間:9’30”

大島堤桜並木道のライド(2019年)

2019年4月に岐阜県大垣市の大島堤の桜並木道を自転車で走った際に2倍速のタイムラプスで撮影。大島堤は江戸時代初期に完成した大垣輪中の一部で、集落を水害から守るために作られた堤防である。このような特異な地形は、かつては洪水の被害が甚大であったことを伺わせる。現在はサイクリング・ロードとして整備されており、両脇に二重から四重に重なる桜並木が連なり、春には豪奢な桜のトンネルとなる。
再生時間:9’30”

アンコール遺跡とシェムリアップ周辺のライド(2019年)

2019年1月にカンボジアのシェムリアップ近郊のアンコール遺跡を自転車で周遊した際に10倍速のタイムラプスで撮影。この遺跡を残したクメール王朝は栄華を誇ったが、隣国に侵略されて衰退し、壮麗な都は破棄されてジャングルに飲み込まれた。また、20世紀後半の内戦でのクメール・ルージュによる大殺戮とも無縁ではなく、知らないうちにキリング・フィールド(処刑場)のすぐ横を自転車で走っていた。
再生時間:9’30”

【追記】本作「Vanishing Ride」は2019年5月10日から5月12日まで、ドイツのオーバーマルヒタールのギャラリーAtelier im Petrushofにて開催される展覧会「DIALOG #02」において展示します。(2019.04.30)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA