Cycle ── 自転車をめぐる散文詩の試み その4

「自転車をテーマに詩を書け」と依頼され、それに応えて400文字を書く、という詩の4回目。以下は「自転車操業」を説明したWikipediaの文章である(詩のために一部改変がある)。①〜㉕の漢字を空所に補充せずに読め。「自転車は◯っているあいだは◯れないが◯まると◯れてしまうことに◯えている。◯◯◯の◯◯◯◯によって◯◯された。(中略)また、◯◯の◯◯◯◯が◯◯に◯るが◯◯のための◯◯が◯◯に◯っておらず、そのために◯たな◯◯をしてしまい、その◯たな◯◯の◯◯のためにまた◯◯を◯り◯すような◯◯も、そのサイクルを◯めればじきに◯◯(◯◯、◯◯◯◯)◯◯きをせざるを◯なくなるので、自転車操業のひとつと◯えられよう。」①繰②臼井吉見③返④考⑤来⑥現金⑦残⑧自己破産⑨借金(4回)⑩状態⑪新(2回)⑫走⑬造語⑭次々⑮手続⑯手元⑰倒(2回)⑱倒産⑲得⑳止(2回)㉑破産㉒評論家㉓返済(2回)㉔返済期限㉕喩

3 comments

  1. 今回からタグ(カテゴリー)に、”AI” が追記されているのは見逃せませんね。

  2. AIのタグ、気がついてませんでした・・・なんとw

    1. それ私のミスです。AIのカテゴリーは取り消しますね。いや、正しくAIだ!とのことでしたら、復活させます(笑)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA