日本の自転車乗りに自転車ゴハン

Velochef」や「Feed Zone Portables」など欧米のサイクリスト向け料理本は、材料が入手しにくかったり、用語が分かりにくかったりして、必ずしも日本人向けではないようだ。そこで日本の自転車料理本を探してみたところ、唯一見つかったのが「日本チャンピオン・宮澤崇史が作る!自転車ゴハン」。ソツのない表紙に悪い予感をいだきながら取り寄せてみたところ、見事に想像した通りの内容だった。

つまり、これは「NHKきょうの料理」や「オレンジページ」のような典型的な日本の料理本なのだろう。白を基調にしたページに鮮明な料理の写真を大胆にレイアウト、明朝体の大きな文字でキャッチを入れ、意味ありげなコメントを添える。肝心の材料や手順は小さな文字で申し訳程度に入る。といった塩梅で企画と編集の天下。冒頭と巻末に自転車に関したページが僅かにあるが、それがなければ普通の料理ムック本と変わらない。

ランダムにこの本の料理を拾ってみると「男の豚キムチ」「彩り温野菜」「かぼちゃのポタージュ」「シンプルに!トマトのスパゲッティ」など。これらがPart.1の「普段のレシピ」、確かに。Part.2はデザートでティラミスやプリン、ぜんざいなどが並ぶ。工夫すればカロリー制限できるらしい。そして最後のPart.3は目的別レシピで、パワーアップや疲労回復などに応じた料理。足つり予防には海鮮ヤキソバだとか。

ただ、この本を普通の料理本であり、単なる編集本と思うのは、料理をしない筆者の勝手な感想のようだ。毎日の食卓を預かる某主婦や、かつて飲食店を経営していた元シェフに見せたところ、この本はかなり好評で、実際に作ってみようと思ったそうだ。いずれも自転車乗りでもあるので、この本に書かれた自転車との料理の関係も興味深いらしい。この本が王道の料理本として編集されていることが功を奏したようだ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA