クリティカル・サイクリングについて

クリティカル・サイクリング(Critical Cycling)は、サイクリングを楽しみ、その批評性を探求する任意グループです。岐阜県大垣市にあるIAMAS(情報科学芸術大学院大学)を中心に2016年4月より活動をしています。

宣言 (Manifesto)
シンボル
活動歴
リンク集
お問い合わせ
 


クリティカル・サイクリング宣言

 世界は変化している。21世紀を迎えた人類は、利便性に堕してバランスを逸したモダニズムに、ようやくブレーキをかけつつある。
 そして現在、私たちの生活空間は、モバイルに象徴されるメディア技術によって、ヴァーチャルなインフラストラクチャーと接続し、新たなリアルを獲得した。しかしこの生活圏は、あまりに可塑性が高く、過剰に生成し、暴走しがちなのだ。私たちは、見えない時空間を再構成する、メディア表現を必要としている。こうした事態に、いま私たちが掲げるキーワードは、バランスの復権だ。
 人類最古の発明のひとつである車輪にペダルが装着されたのは、19世紀である。私たちは、モダニズムの始めに立ち戻り、ハイ・テクノロジーと身体が駆動してきたバランス感覚に着目する。自転車は、理性と野生、都市と自然、ヴァーチャルとリアルを接続し、シンプルなバランスの循環を見出す指針となるだろう。私たちは、この営みを「クリティカル・サイクリング」と命名し、以下の綱領を宣言する。

1)自転車に乗ることは、楽しみである。
 なぜならヒトは、自分自身の身体を通じて、車輪、ペダル、フレームが構成するグルーヴを享受するからだ。つまり自転車は、テクノロジー(技術工学)である。

2)自転車に乗ることは、シンプルである。
 なぜならヒトは、平衡感覚を通じて、機能、習慣、共有を瞬時に得るとともに、事物を必要最小限に削ぎ落とす。つまりクリティカルは、エスノロジー(民族誌学)である。

3)自転車に乗ることは、発見的である。
 なぜならヒトは、ハンドルで導きながらペダルの循環運動を通じて、世界をスキャンしているからだ。つまりサイクリングは、オントロジー(存在論)である。

愛する者よ、自転車に乗り、共に世界を再起動しよう!

2016年7月31日
起草 赤松正行、松井茂、伊村靖子、瀬川晃、八嶋有司、綿貫岳海、湯澤大樹、後藤祐希

クリティカル・サイクリング宣言 on GitHub


Critical Cycling Manifesto

The world is changing. As humankind welcomes the 21st century, we are rousing from a modernism heedless of balance, which has lapsed into convenience and indolence. We are finally starting to apply the brakes.

And now, due to media technology such as mobile devices, our life space has acquired a new dimension of reality intertwined with virtual infrastructure.
However, this sphere of daily existence has too high a plasticity, and its excessive creation is inclined to run amok. We require a new kind of media expression that can reconstitute our conception of unseeable space-time. In such a predicament, our slogan must be, “Restore the Balance.”

It was in the 19th century that pedals were first mounted to one of mankind’s oldest inventions, the wheel. We now seek a return to that beginning of modernism, and devote our attention to a sense of balance driven by the interaction of high technology and the body. The bicycle may become a guiding principle on the quest to discover a simple cycle linking intellect to wildness, the city to nature, and the virtual to the real. We hereby name our work “Critical Cycling” and proclaim the following principles.

Cycling is Fun
This is because human beings, in their very bodies, gain enjoyment from the groove created by the wheels, pedals, and frame. In other words, cycling is technology.

Cycling is Simple
This is because human beings, in controlling their sense of balance, gain instant insight into the commonality of faculty and habit. In other words, cycling is ethnology.

Cycling is Heuristic
This is because human beings, in guiding the handlebars and rotating the pedals, scan the world around them. In other words, cycling in ontology.

Beloved friends, let us ride, and together restart the world!

July the 31st, 2016
Drafted By Masayuki Akamatsu, Shigeru Matsui, Yasuko Imura, Akira Segawa, Yushi Yashima, Takemi Watanuki, Taiki Yuzawa, Yuki Goto


シンボル

デザイン:瀬川晃
Designed by Akira Segawa

Download the symbol mark (EPS)


活動歴

2017.03.26 第12回ミーティング(+卒業記念走行会&パーティ)
2017.03.21 自転車のためのサーバサイド・プログラミング講座
2017.03.11 日本デジタルゲーム学会基調講演「クリティカル・サイクリング」 
2017.03.04 自転車博物館サイクルセンター見学
2017.02.27 第11回ミーティング(+冬鍋パーティ)
2017.02.23 Critical Cycling展 2017 WinterIAMAS修了研究発表会
2017.02.20 第10回ミーティング
2017.01.26 研究紀要のための座談会
2017.01.24 CYCLE SEEDS主催者特別講義
2017.01.22 彦根市立図書館文献資料調査
2017.01.18 第9回ミーティング(+新年パーティ)
2017.01.16 Shin・服部製作所インタビュー
2016.12.28 第8回ミーティング(+忘年パーティ)
2016.11.30 第7回ミーティング(+映画パーティ)
2016.11.30 養老鉄道総務企画課インタビュー
2016.11.21 CYCLE SEEDS主催者インタビュー
2016.10.31 第6回ミーティング
2016.10.01 アメリカ(オレゴン)自転車調査
2016.09.28 第5回ミーティング
2016.09.09 市民・自転車フォーラム理事長インタビュー
2016.08.31 西美濃サイクルツーリズム担当者インタビュー
2016.08.24 第4回ミーティング(+夏鍋パーティ)
2016.07.30 Critical Cycling展 2016(IAMASオープンハウス)
2016.07.06 第3回ミーティング
2016.06.23 イギリス(ロンドン)自転車調査
2016.06.02 第2回ミーティング
2016.05.13 第1回ミーティング(キックオフ・ミーティング
2016.04.09 IAMAS教員ミーティングのプレゼンテーション


リンク集

IAMAS周辺のライド情報

cbiメーリングリスト
IAMAS関係者を中心に休日や早朝に近隣ライドを開催。初心者向け短距離の「ゆる」と経験者向け中長距離の「がち」があります。

西美濃サイクルツーリズム
西濃地域の6市町(揖斐川町、大野町、池田町、本巣市、神戸町、大垣市)による自転車振興事業で、エイド・ステーションの整備やガイドブックの配布などをされています。

IAMAS周辺のレンタル自転車

Spinlister
P2Pでの有料自転車レンタル・サービス。IAMAS周辺に数台の登録あり。

すいとGO![水都号]
大垣駅墨俣城などの無料レンタル自転車。

ソフチャリ
ソフトピア・ジャパンの無料レンタル自転車。

養鉄トレクル
揖斐川駅池田町役場池田温泉の有料レンタル電動アシスト自転車。


お問い合わせ

本サイトへのリンクの承諾は不要です。
本サイトの記事へのコメントは管理者承認後に掲載されます。
それ以外のお問い合わせは、以下のフォームにてお知らせ下さい。