超長い自撮り棒で自転車走行を空中撮影

先日のツイード・ランの記録映像の撮影方法を尋ねる人が多かった。これは一見ドローンを使って空中から自転車走行を追尾しているように見える。だが実際には Insta360の超長い自撮り棒(Extended Edition Selfie Stick)を自転車の後部に取り付け、同社の360度カメラInsta360 One Xで撮影したものだ。そして記録した360度全天周映像を、視線や拡大率を変えて通常のビデオ映像にしている。

この自撮り棒をBromptonに取り付けるために、シート・ポストの下部にGoPro用のアタッチメントを組み合わせて用いている。そして、サドルの後部に自撮り棒を押し付けて、タイラップで固定する。自撮り棒を短めに用いる場合は、最下段と他のポールとの間に隙間が生じるので、その部分にテープを巻いて固定する。即席の装着方法だが、半日程度のライドでは問題は生じなかった。

このような取り付け方で地面から自撮り棒の下端まで55cmほど。自撮り棒を最も伸ばすと3mの長さなので、カメラは地上から3.6mほどの高さに位置することになる。この状態でツイード・ランでの撮影を行っている。今回は改めて3種類の長さで自転車走行を撮影した。当然のことながら、高い位置では鳥のような視点になり、低ければサイクリストの視点に近くなる。


正しく表示されない場合はYouTubeアプリで開いてください。

Insta360 One Xは優れた画像処理で自撮り棒を隠し、強力な手ブレ補正で振動を抑える。遠方を見る限りは安定した滑らかな映像であるものの、下を見ると自転車が奇妙に揺れている。これは長い自撮り棒がしなっているからであり、映像処理の逆効果だ。そこで比較のために、類似製品のGoPro MaxやRicoh Theta Z1でも同じように撮影してみた。いずれもポール3段の状態だ。

なお、車道上の道路標識や電線などは路面から4.5メートル以上に設置すると定められている(道路法施行令第10条、他)。従って、今回の撮影方法なら接触の危険はない。ただし、路上に迫り出す樹木の枝や路肩の看板などはこの限りでない。また、歩道上は路面から2.5メートルしか確保されない。さらに4.5m7.5mといったウルトラ超長い自撮り棒もある。いずれにしても万全の注意を払って撮影しよう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA