ソーラー・パネルの自転車スーパーハイウェイ

自転車と自然エネルギーとの関係に興味を持って調べていたところ、不思議な動画を目にした。それは緩やかにカーブを描きながら田園地帯を抜ける片道4車線(往復8車線)の広々とした道路で、中央分離帯に無数のソーラー・パネルが連なり続いている。しかも、パネルの下は自転車道路であると言う。想像を絶する非現実的な光景に、動画はCGによるジョークだと思ってしまった。

だが、これは実際に存在しており、韓国中部のテジョン(Deajeon、大田広域市)セジョン(Sejong、世宗特別自治市)を結んでいる。最初の区間は数年前に開通しており、運用実績も長くある。文字通りの自転車スーパーハイウェイだが、走行環境や利便性には疑問が噴出する。そこで、韓国を訪れた際にこの自転車道を訪ね、実際に自転車で走ってみることにした。

まず、テジョンを出発地として市街地のはずれにある自転車道に向かう。セジョン側もそうだが、出入口は信号機のある横断歩道を渡れば、ソーラー・パネルを戴く無数のアーチに迎えられる。幾何学的でリズミカルな構造体の中を疾走するのは何とも楽しい。左右を走る自動車もまたアクセントになる。懸念していた閉塞感はなく、騒音や排気ガスも気にならない。日差しや雨も防げると好印象。

この自転車道は中央線がある道幅3.9mで、全長8.7kmに及んでいる。両側は自動車専用道路であるので基本的に平坦であり、直線的だ。テジョンからセジョンに向かう場合は下り傾向になり、短い区間ながら4%ほどの上り勾配区間もあった。自転車の制限速度は30km/hとの標識が立っているのが面白い。途中数カ所に地下道が設けられており、そこから外部に出入できる。

訪れたのが日曜日の昼間だったせいか、走行する人は少ない。終点近くになって現れた数人の少年たちは手放しや逆走などと悪ガキぶりを発揮していたが、安全で快適な道路での開放感を示しているようでもあった。ちなみに、平日は自転車で通勤や通学をする人たちで賑わうらしい。しかも、自動車のように大渋滞にはならないのは、軽快な自転車ゆえだろう。

後に知人が調べたところでは、2012年に開通した最初の4.6km区間には、総工費64億ウォンをかけて7,502個のソーラー・パネルが設置されている。年間発電量は2,545MWで、2018年までの発電量は13,829MKh、収益は60億7000万ウォンで、そろそろ元が取れる頃のようだ。一方、自転車道には照明設備がない。これは手抜きのようで、夜間の利用者数を考えれば妥当かもしれない。

ところで、自動車道の真ん中に自転車道を設けたことは今も批判が多いらしい。それは自転車の利用者に不安感を与えるだけでなく、実際にも自動車の追突や自動車からの落下物事故があったそうだ。清掃や補修にも手間がかかるらしい。となると今後同じような自転車道は作られないだろう。かくしてこの大胆不敵な自転車道は正式名称もないまま、唯一無二の存在であり続けることになる。

ただし、近隣の都市と都市を結ぶ高速自転車道は、今後ますます重要になるに違いない。それは自動車による交通渋滞や環境破壊を避けながら、社会の流動性を高めることができるからだ。そこで比較的古くからの大都市であるテジョンと政治的な新興都市セジョンを結ぶために、自動車道の中央を自転車道が貫く象徴的な構造が与えられたと考えると合点がいく。

セジョン市中心部の風景

このような自転車道はBike Freewayなどと呼ばれ、ヨーロッパでも既に多くの実績がある。ロンドンのCycle SuperhighwayやオランダのRijnWaalpadなどは、単に車道から分離されているだけでなく、効率的に長距離を高速走行できるように路面が整えられ、停止箇所を極力減らしている。そのような観点から評価すれば、今回の自転車道は最高得点を得られそうだ。

オランダのRijnWaalpad

なお、ソウルに滞在していたので、現地との往復は高速バスを利用した。片道2時間弱で料金は1,000〜1,600円程度と安い。良いグレードなら、飛行機のビジネス・クラスのようなシートで寛げる。自転車はそのままトランクに入れれば良い。特別な設備はないので、自転車は緩衝材で保護すると良いだろう。日本のバスでは輪行袋に入れても預けられないことが多いだけに、韓国の放任主義が羨ましい。

【追記】知人の情報によれば、韓国では他にもソーラー・パネル付き自転車道が増えつつあるそうだ。例えばセジョンの隣アサン(Asan、牙山市)では、7.5kmに渡ってソーラー・パネルを設置した自転車道が今年開通した。そのパネル数は18,540枚、年間発電量8,066MW、一般家庭22,774世帯分の電気を賄い、2,796tものCO2削減効果があると言う。こちらは自動車道から離れているようだ。(2019.11.08)

アサンのソーラー・パネル付き自転車道

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA