自転車乗りのためのカジュアル・ジャケット

自転車乗りのためのフォーマル・ジャケットに続いて、今回はカジュアルなジャケットを紹介する。ロード・レースやブルベ用のスポーティなジャケットではなく、木枯らし吹く季節にピッタリな街乗りジャケットだ。自転車を降りてからも違和感がなく、それでいて機能的で着心地が良いものを選んだ。自転車に乗って快適なジャケットは、自転車を降りてからも快適だ。

Lightweight Transfer Jacket

前身であるTransfer Jacketは暖かさと軽さに驚いたが、その厚みが半分になったのがRaphaのLightweight Transfer Jacket。心もとないほど薄いが、不思議なほど寒さを感じさせない。中綿として封入された新素材ポーラテック・アルファの威力だ。通気性も良く、汗や熱がこもらない。とは言え、ロード・バイクで全力疾走すればオーバーヒートする。あくまで街乗りとしてのジャケットだ。

Hooded Rain Jacket II

ピンクのアクセント、特にお尻のフラップが可愛いHooded Rain Jacket IIは、雨が降っていない日でも快適に着ることができる。なにしろ、素肌が接しても快適なほど、柔らかく優しい生地で、Tシャツの上に羽織っても違和感がない。以前は疑問符がついた防水性が、本作では強化されている。なお、防寒性は高くないので、寒い季節には内側に暖かい衣服が必要になる。

Hooded Wool Jacket

Hooded Wool Jacketは、ウールと聞いて連想するような柔らかい厚手の生地ではなく、堅く織られた防水性のある生地でできている。自転車用ジャケットとしては珍しく着丈が長いので、セミロングのコートとしても使える。他のジャケットもそうだが、ジッパーが下からも開くので、自転車にも乗りやすい。全体的にソリッドでクラシカルな雰囲気に反して、袖口のドットとピンクの意匠が鮮烈だ。

以上の3つのジャケットのうち、筆者が良く着るのはLightweight Transfer Jacketだ。繰り返しになるが、この暖かさと軽さは特筆すべき快適さをもたらす。これでレイン・ジャケットの防水性とウール・ジャケットのシャープがあれば最高。だが、二兎や三兎は追えないらしい。さらに、ポーラテック・アルファのコートが欲しいと思っているものの、これがなかなか見つからないでいる。

なお、いずれのジャケットも、ご多分に漏れず、袖が長い。ただ、袖口を折らずに何とか着ることができる。いや、確かにだぶついてはいるのだが、他のジャケットやシャツに比べると随分とマシだ。また、偶然にも黒っぽい服ばかりになってしまった。以前の無印Hooded Rain Jacketは、赤とオレンジの鮮やかな色もあったので、カラフルな色の展開も欲しい。それでこそ、カジュアルなジャケットと言える。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA