ミニマリストのためのミニマム輪行袋FAIRMEAN

一定の条件を満たせば、自転車を公共交通機関に載せて移動することができる。これは輪行と呼ばれ、サイクリングの活動範囲を広げてくれる。混雑する市街地を電車で抜け出し、環境の良い郊外から走り出せるからだ。疲れたり、雨が降ったりしても、電車で戻れるのも嬉しい。自走なら何日もかかる遠方でのサイクリングも楽しめる。電車だけでなく、船や飛行機でも輪行できる。

鉄道や飛行機では、自転車を折り畳むか分解して専用の輪行袋に収める。これが何かと悩ましい。まず、自転車を分解や組み立てが面倒な上に時間がかかる。前輪は簡単だが、後輪を外す場合はチェーンやディレイラーの取り回しに苦労する。フレームと車輪との固定も面倒で、次第に緩んでくる。そして手際良くに持ち運んだり、立てかけて安定させるのも難しい。かくして輪行が億劫になり、縁遠くなる。

ところが、知人に教えてもらったフェアーミーン(FAIRMEAN)の輪行袋が素晴らしかった。何より、帆を張ったような姿が美しい。ウルトラライト系の素材なので、使わない時は驚くほど小さくまとまる。バッグやボトルは取り付けたままでOK。自転車を収納する手順はビデオを参照。要所要所に当て布があり、収納作業の目印となる。肩で担ぐストラップやサドルを覆うカバーも付属している。

フェアーミーンの輪行袋は、自転車のサイズに合わせて手作りだそうで、フランスからの航空便で届く。1年半ほど前には発注から発送までは約3週間ほどかかった。色は鮮やかなピンクとブルー、それにシックなブラックから選べる。価格が16,500円(税込み17,820円)と高めなので、手を出しにくいかもしれない。だが、素材や工賃を考えれば無理からぬところ。送料は無料でかからない。

この輪行袋は、薄くて丈夫な布をピンと張って自転車を包み込むことで、フレームと車輪が一体化する。コツをつかめば作業は短時間で済む。ジャスト・サイズであることが、安定性と簡便性を高めている。横置きにした場合は、長さが気になるかもしれない。ただ、車両内で立てかける時には縦置きにすれば良い。新幹線では、一番後ろの座席の後ろに置くのがお勧め。早めに指定席を予約しておこう。

フェアーミーンによって輪行が手軽に楽しくなる。だが、混雑する車内に自転車を持ち込むのは気兼ねするし、満員電車となれば不可能だろう。そもそも、海外では自転車とともにそのまま電車に乗れるので、輪行という考え方自体がない。輪行袋も存在しない。ラッシュ・アワーには混雑するが、日本ほどではないし、フレームで囲まれた専用スペースがあったりもする。決して下を見て生きてはならない。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA