モンティ・パイソンの自転車修理マン

モンティ・パイソン(Monty Python)は、ブラックでシニカルな大英帝国ジョークを連発するイギリスのコメディ・グループ。1969年のBBCテレビ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」が大人気となり、後世に大きな影響を与えている。その番組のエピソード3(第3回放送)に含まれるのが「自転車修理マン(Bicycle Repair Man)」、3分間のショート・フィルムだ。

小難しい解説は不要だろう。細かいニュアンスはともあれ、映像を見ているだけで馬鹿馬鹿しさが伝わってくる。誰もがスーパーマンの世界で、スーパーマンにはできないのが自転車修理。とは言え、我らが世界で誰もが自転車の修理ができるわけではない。唐突に「自転車が共産主義に破壊されても、彼が直してくる」とナレーションが入り、最後の罵倒に繋がるのが当時の世相を反映している。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA