連結自転車のプロトタイピング

複数の自転車を特製器具で繋いで乗る連結自転車の着想は、タンデム自転車からだった。二人漕ぎの自転車は簡単に思えるが、乗りこなすのは結構難しい。二人で漕ぎ出し、一緒にカーブを曲がるのは、掛け声と度胸がなければならない。どちらかが漕がずにいて、相手が苦労することもある。つまり、個人的な乗り物である自転車が、ある種の対人関係や社会性を帯びることになる。これは何とも面白く興味深い。

タンデム自転車は市販されているものの、それなりに高額であるし、長い車体は置き場にも困る。そこで、普通の自転車2台を棒で繋いで連結すれば、即席のタンデム自転車になると考えた。前後に繋げるだけでなく、左右にも繋げる。3台、4台、5台…と数を増やすこともできる。曽根裕の「19番目の彼女の足」(1993年)に近いかもしれない。ただし、連結を外せば、普通の自転車に戻る。

《19番目の彼女の足》(1993年)水戸芸術館での展示風景

それでは、空想の連結自転車を有り合わせの材料で実験してみる。手持ちであったのは、立入禁止場所を示す柔らかい樹脂製のガードバー。この両端は三角コーンに被せるように輪になっている。つまり、シートポストを外して輪に通せば良い。輪は大きいのでタオルで詰めて養生テープで固定する。これぞダーティ・プロトタイピング、いくつかの連結方法を試しながら、乗車感覚や対人関係の面白さを実感した。

ガードバーやタオルは柔らかいので、自転車の繋がりが緩く、不安定に感じる。そこで、硬固な連結を試すべく、ホームセンターで金属製の建築資材を見つけ出す。これでタイトな連結になり、乗車時の安定感が向上した。ハンドルポストを連結すると、ハンドルが切れないために乗車困難になることも分かった。また、シートポストを掴む部分は硬質スポンジで詰めていたので、僅かに緩さが残っている。

ここで思い出したのがミノウラスペースマウントBromptonキャリア・システムをユニバーサル化したように、まさに様々な経のパイプを掴むべく作られてる。さらにミノウラの本社が近くにあり、何人かの方と顔見知りでもあった。そこで工場見学を兼ねて訪問し、自転車の連結方法を相談。素人質問にも関わらず、開発の方から様々な観点から丁寧なアドバイスを頂戴する。

ミノウラでの相談をもとに、取付部の形状に合わせたコの字型の金具を作り、スペースマウントを金属バーに繋ぐ。この制作は金属加工や溶接に長けた知人に依頼した。これで連結力が高まり、安定した走行が可能になる。ただし、連結部の遊びがないので、進行方向を変えるのは難しい。また、多様な形状の自転車に対応させるには、自由度のある機構が必要になる。

このような素人試作を携えて、再びミノウラで相談。小中学生の親子が利用する想定で、キッズ・バイクからママチャリまで対応できるようにしたい。取り付け部は頑丈に固定することもできれば、ある程度動くようにもしたい。と無理難題に対しても、長年のノウハウを踏まえた解決策が次々と提案される。ここに至って素人では困難なレベルとなり、ミノウラで試作していただけることになる。

この第4プロトタイプは、スペースマウントの間隔設定や3軸すべての回転が可能だ。ボルトの締め具合で機構の固定や解放もできる。2つに分解して持ち運びも手軽と完成度が高い。何種類かの自転車での取り付けを確かめながら、連結方法や乗りこなしを考える。そして、使い勝手に関して少し手直しを伝えて、最終版の制作を依頼した。実際の運用での活躍を期待したい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA