日常を背負う3つのバックパック

以前にスパイダーバックなどのライド用バックパックを紹介した。これらは100g前後と軽量で小さく畳めるものの、容量や荷重は心もとない。そこで、通勤や買物などの日常的なライドには、ある程度しっかりしたバックパックが必要になる。数年前はTUMI 26172などの薄型のビジネス・バックが気に入っていたが、自転車用のバックパックを購入して驚いた。羽根のように軽く感じたからだ。

Rapha Backpack

その羽根のようなバックパックが、Rapha Backpack。実測重量は1.02kgで、数字以上に軽く感じる。15”のMacBook Proに最適化されており、背面とポケットだけでなく、底部に格納するレイン・カバーもまたクッションの役目を果たす。シューズが入るように斜めに広がったり、ウェスト・ベルトが収納できたりとアイディア満載。ほぼ同型ながら素材や機構を数回改定しており、改善に余念がない。

Rapha Backpack
幅26cm、高さ42cm、厚さ12cm(拡張時24cm)
容量13リットル(拡張時20リットル)

Rapha Rucksack

Backpackより一回り大きいのがRapha Rucksack。同じような外観で実測重量は1.26kgと少し重くなった程度だが、容量は1.5倍以上にもなる。1〜2泊の輪行旅行では着替えや洗面道具を入れるので、このリュックサックの出番となる。実際にもかなりの荷物を詰め込めるので、重量増大に要注意。それでも前傾姿勢でライドすれば、背負うことが快適にすら感じる絶妙のバランス感だ。

Rapha Rucksack
幅30cm、高さ44cm、厚さ16cm(拡張時32cm)
容量21リットル(拡張時32リットル)

Rapha Small Reflective Travel Backpack

BackpackとRucksackの完成度の高さに満足していたが、昨年秋に登場したTravel Backpackシリーズに再度驚かされた。Small Reflectiveの実測重量は0.81kgと軽量化が進み、もはや羽根よりも軽い。荷室には15”も入るが、クッションはiPadが想定されているのが今風。上部や側面にあるポケットも秀悦。ただ、胸や腰のストラップがないので、トラベルとの名に反して旅行よりは日常向けだろう。

Rapha Small Reflective Travel Backpack
幅25cm、高さ42cm、厚さ10cm、容量15リットル

ところで、以前のTUMI 26172を改めて計測してみると、なんと1.03kgとRapha Backpackとほぼ同じ重量であった。だが、今背負ってみてもTUMIよりRaphaが軽く感じられる。TUMIは堅牢な防弾素材ゆえに堅苦しいのに対して、Raphaは柔らかな素材で身体に寄り添うようなフィット感が得られる。ライドに最適化されたバックパックは、街歩きでも軽やかに使える。

なお、一回り小さなSmall Backpackや、SmallではないTravel Backpackもあり、用途によって容量を目安に選べば良いだろ。個人的な好みとしては、BriefcaseShoulder Bag、Tote Bagなどの斜めがけ系はライドには適さなかった。また、Musetteは日常用途には小さ過ぎで、Race Bagは大き過ぎるのでライドに携行するものではない。Raphaバッグ・コンプリートじみているが、それなりの鞄好きではある。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA