Garmin Edgeに海外地図をインストール

普段使っているサイクル・コンピュータ、GarminのEdge 820Jを持参し、アムステルダムで使おうとしたら、アレ?っとなった。地図のページを開くと、すっきり何もない。ただ、GPSは正常に動作しているようで、アムステルダムとの文字は表示される。つまり、海外の詳細な地図データを持っていないわけだ。地図のない地図という仮想虚無空間を走るのは悪くはないが、高尚過ぎる。

そこで、草の根地図サービスのOpen Street Mapを利用して、お望みの地域の地図データをGarminデバイスにインストールしよう。以下はMaxでの操作手順で、まず、地図データをダウンロードする。

  1. Free maps for Garmin brand GPS devicesサイトを開く。
  2. マップ・タイプはGeneric Routable(new style)を選ぶ。
  3. ポップアップ・メニューから国を選ぶ。
  4. Download map now!をクリックする。
  5. ファイル・リストからosm_generic_new_macosx.zipをクリック。

EuropeメニューからNetherlands(オランダ)を選んだ場合は、「OSM generic routable new(NLD_04-08-2017).gmap」といった名前のフォルダが現れる。

次にダウンロードした地図データをMacにインストールする。このためにはGarmin BaseCampに付属するMapMangerを利用する。

  1. Garmin BaseCampをダウンロードし、インストールする。
  2. Garmin MapMangerを起動する。
  3. ファイル・メニューから「地図をインストール…」を選ぶ。
  4. 地図データ(OSM generic routable new(〜).gmap)を開く。

これで地図データがリストに表示されるはずだ。そして、地図データをGarminデバイスに転送する。これもGarmin BaseCampに付属するMapInsallを利用する。

  1. GarminデバイスをUSBケーブルでMacに接続する。
  2. Garmin MapInsallを起動する。
  3. 「マップの送信」ボタンをクリック。

これで地図データがGarminデバイスにインストールされる。Garminデバイスの地図ページを開けば、現在地の地図が表示されるはずだ。見知らぬ海外の土地だからこそ、今いる場所と道路の繋がりが分かるのは有り難い。ただ、Garminのナビゲーションで目的地をセットするのは、海外ともなれば至難の業。一方で、iPhoneでの地点指定は簡単だから、これを手軽に転送したいところ。

ところで、ある国全体ではなく特定の地域のデータだけをダウンロードすることもできる。このためには、Enable manual tile selectionをチェックして、地図の領域をクリックして必要な部分を青くする。そして、メール・アドレスを入力して、Bulid my mapをクリック。これでサーバ上でデータ作成が始まる。この作業は少なからず時間がかかるので、メールで進行状況が知らされるようになっている。

筆者がアムステルダムとナイメーヘンの周辺を指定したところ、なんと作業に9日間以上もかかると言われてしまった。草の根サービスなので文句は言えなけれど、なんとも想像を絶する遅滞ぶり。もっとも実際には2日半ほどでデータは完成したし、日本に帰国してから同じ地域を指定した時は、十数分で作業が終わった。作成するデータ量やサーバの負荷によって作業時間は変動するようだ。

また、Garminの日本サイトは信頼性が低いので注意したい。例えば、日本サイトではヨーロッパの地図データは18,000円のmicroSD/SDカード版しか販売されていない。これが本家アメリカのサイトではダウンロード版もあり、いずれも$49.99(約5,500円)だ。さらに日本サイトでは、BaseCampはPC版しか記載されていない。3倍以上の価格設定も解せないが、不完全な情報提供は困惑してしまう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA