Critical Cycling展 2017 Winter

2016年夏に続いて2回目となるCritical Cycling展を開催します。これはIAMAS2017(いわゆる卒展)の有志企画で、作品や資料の展示とともにワークショップやライド・ミーティングも行います。クリティカル・サイクリング最初の1年間を振り返りつつ、今後を展望する展示にすべくメンバー全員で準備しています。展示をご覧いただき、サイクリングを巡って意見交換ができれば幸いです。是非お越しください。

Critical Cycling展 2017 Winter
湯澤大樹、綿貫岳海、後藤祐希、八嶋有司、伊村靖子、松井茂、瀬川晃、赤松正行

情報科学芸術大学院大学第15期生修了研究発表会 プロジェクト研究発表会
IAMAS 2017 Graduation and Project Research Exhibition
日時:2月23日(木) – 2月26日(日) 10:00 – 18:00(初日のみ13:00)
会場:ソフトピア・ジャパン・センタービル 3F ソピア・ホール
   岐阜県大垣市加賀野4丁目1-7 【地図】
入場:無料
主催:情報科学芸術大学院大学[IAMAS]

【作品展示】

Bike in the Shell リカンベント・トライク(座って漕ぐ三輪自転車)におよそ130台のモバイル・デバイスを取り付けました。端末のカメラから映し出される映像にタイムラグが発生する作品です。 

The Ridable City ヘッドマウンド・ディスプレイ(HMD)を装着し、自転車に乗ってペダルを漕いで映像と音響を体感する作品です。屋外をライドする体験や、仮想オブジェクトと遭遇する体験ができます。

Starry Ride Prototype 自転車の走行によって、光を放ち、音を奏でるライド・パフォーマンスです。光や音は自転車の走行情報によって生成され、常に変化する走行環境を反映します。

【資料展示】

バイク・カード 自転車に関連する多様な情報を小さなマグネット・カードに印刷しました。QRコードを読み取ると、より詳しい説明が得られます。

自転車関連書籍 IAMAS付属図書館と個人が所蔵する自転車関連の書籍や資料を集めました。図書館所蔵の書籍は展示終了後に通常の閲覧や貸出ができます。

映像上映 自転車関連の映像資料を上映します。今回展示する作品の走行記録や、これまで行ったライド写真や関連映像などがあります。

【ワークショップ】

バイク・カード・ワークショップ 壁一面に貼られた大量のバイク・カードから、興味のあるものを選ぶワークショップです。多様な分野に横断した自転車情報を自身の観点で見て選ぶことで、その世界の広がりが実感できます。

【ライド・イベント】

極寒早朝走行会&朝食会
日時:2017年 2月26日(日)07:30〜09:30
場所:ソフトピア・ジャパン・センタービル 1F 南入口付近集合
内容:IAMAS周辺を約1時間20km程度ライドし、この地域特有のモーニング文化に触れるべく喫茶店での朝食会を行います。モーニング代金500円程度をお持ちください。悪天時はライドを中止し、朝食会のみ実施します。

【トーク・イベント】

自転車について私たちが知っている二、三の事柄
日時:2017年 2月26日(日)12:00〜12:40
場所:ソフトピア・ジャパン・センタービル 1F ロビー特設会場
内容:クリティカル・サイクリングのメンバーが1年間の活動を振り返り、どのようにサイクリングと関わり、どのようにクリティカルであろうとしたかを話し合います。気軽なトークですので、飛び入り参加やコメントを歓迎します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA