冬将軍と闘う3つの装備〜身体編

冬のライド装備の末端編画面タッチ編に続いて、今回は身体編。正確には手や足を除く四肢と体幹。要はインナー、トップス、ボトムスだ。前回紹介したように、冬の寒さに対しては顔、手、足の末端を防御することがもっとも大切。それ以外の身体部分は、薄着ではダメだが、それなりの冬服であれば何とかなる。むしろ、オーバーヒートするので、暖かい冬用の普段着は避ける必要があるくらいだ。

インナー

冬の衣服ではインナーウェア、つまり下着が重要になる。なぜなら、冬とは言え、走り出せばすぐに汗ばんでくるからだ。その汗が肌に残ると汗が冷えて寒さを倍増させる。感覚的にも気持ちが悪い。従って、肌に直接接するインナーが汗を吸い出し、熱を発散させなければならない。その意味で最悪なのはヒートテック系の「暖かい」インナー。日常生活とスポーツとでは運動量がまるで違うので、確実にオーバーヒートする。

そのようなインナーウェアとして最適なのは、RaphaならMerino Base Layerの長袖。下着にしては高価だが、その価値は十分にある。メリノウールの生地は暖かく吸水性が優れているからだ。重ね着ができるで、より寒い日には夏用の半袖インナーを内側に着ても良い。生地がメッシュ状になったMerino Mesh Base Layerは、より吸水性が高い。いずれも天然素材ゆえのチクチク感があったり、洗濯で痛みやすいのは要注意。

より厚手の生地で作られたWinter Base Layerは、タートルネックで首元から熱が逃げない。防水性に主眼が置かれたPro Team Softshell Base Layerも汗が逃げない。この2つで何度かオーバーヒートした。フードまで付いたDeep Winter Base Layerはさらに強烈そうで試していない。これなら通常のインナーにカラーやハットでOK。面倒でも多くのアイテムを組み合わせるのが、柔軟性があって良いと思う。

トップス

インナーの上には、ジャージとジャケットを着るのが一般的だろう。この2つも暖かさではなく、オーバーヒートしない通気性が大切。重ね着の空気の層が、身体の熱を捉えて暖かさを作り出す。よって、走り出す前は寒いと感じる程度で十分。ただし、ジャケットの前面は、冷たい風が身体に入り込まない防風性が必要。さらに、背中にカイロを貼っておくのも効果的。寒さを防ぐツボを探しておくと良い。

冬とは言え、ジャケットと組み合わせるなら、春秋用の長袖ジャージでも問題ない。これには多くの種類があるが、メリノウール混紡のClassic Long Sleeve JerseyやシンプルなCore Long Sleeve Jerseyが使い勝手が良い。さらに寒くなるとWinter Windproof Jerseyが登場する。これはかなり厚手で若干重たいものの、耐寒性能は抜群だ。もっとも背中のロゴが凶悪で剥がすのに苦労する。

ジャケットはClassic Softshell Jacket(現Classic Winter Jacket)が応用範囲が広い。初冬でも暑苦しくないし、厳冬期でも大丈夫。これはベンチレーションが付いて温度調整がし易い。それほど寒くなく、身軽に走りたい場合はPro Team Training Jacketがしなやかで良好。さらにもう一枚着たい時のために、小さく畳んだPack Jacketを忍ばせておくのも良いだろう。

ボトムス

下半身にはPro Team Winter Tights with PadBrevet Winter Tights with Padがおすすめ。Raphaは伝統的にビブショーツLeg WarmerWinter Tightsを組みわせることを想定していたが、このパッド付きタイツの手軽さにはかなわない。重ね着のメリットと反するようだが、始終ペダルを漕ぎ続ける脚の運動性のためには、一着で済むシンプルなボトムスが良いと思う。

パッド付きタイツは厳冬期を含めてひと冬通して使える。前面は防風素材なので、冷たい風が内側に入らない。ただ、寒さが厳しくて重ね着したいこともあるかもしれない。その場合でもWinter Tightsを重ねるのは、大袈裟すぎて運動を妨げてしまう。そこで、薄手のレッグ・カバーをタイツの下にはく。これで空気の層が二重になるので、暖かさが増すことになる。ただし、腰までのタイツを内側にはくのは避けたほうが良いだろう。

なお、寒さの感じ方には個人差がある。筆者は末端でもっと寒さを感じ、上半身も寒さを感じるが、下半身は寒さに強いようだ。さらに地域差も大きい。筆者の住む地域では、ひと冬に数回雪が降る程度。体質や地域の違いによって、防寒対策も異なってくるだろう。雪道では自転車は危険だが、そうでなければ寒い冬のライドも楽しい。凍てつく空気の中、しっかりした装備で自転車に乗って欲しい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA