レース必携、携帯補給食のレシピ本

「Velochef」でも取り上げられていたが、携帯補給食ばかりを集めたレシピ本が「Feed Zone Portables」。考えてみれば、朝食や夕食以上にロード・レースに直結するのが、この補給食。何しろレース中にペダルを漕ぎながら食べるのだから、取り扱いが簡単でなければならない。消化が良く、疲労を回復し、すぐにパワーに結びつくことに加えて、過酷なレースでの一瞬の憩いになる美味しさも必要だろう。

著者は、いずれもアメリカ在住で中国系のAllen Limとインド系のBiju Thomasの二人で、コンビを組んで自転車プロ・チームの料理番を担っている。特にAllenは生理学博士号を持つ理論家で、書籍の冒頭1/5にあたる50数ページを費やして、スポーツ栄養学が解説されている。また、巻末の10余ページには付録として数々の数表が載っており、最適な摂取が推奨されている。

補給食としては、ライス・ケーキ、卵焼き、パイ、焼き菓子、パンケーキ、ワッフル、ロール、ライス・ボール、パイなどが紹介されている。いずれも材料と作り方に加えて、ちょっとしたコメントやアドバイスも添えられている。一口か二口で食べられるサイズで、取り回しが良いように工夫されている。写真の雰囲気の良さもあって、小さな食べ物が並んでいる様は可愛く美味しそうだ。

取り扱いについては、アルミホイルの切り方から補給食の包み方までを、十数枚の写真入りで説明する念の入れよう。他にも、小さな容器でライス・ボールの型取りをしたり、食パンをワイングラスでくり抜いたりと、細かなテクニックを写真入りで解説している。調理方法は簡単なものが大半だが、それでも要所要所に写真が添えられている。このように丁寧で分かり易い説明なので、料理が苦手な筆者も一度作ってみようかなと思わせる。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA