自転車シェアリング〜Spinlister借り手編

グローバル・バイク・シェアをうたうSpinlisterは、言わば自転車版Airbnbで、個人間の自転車のレンタルを仲介する情報サービス。従来のレンタル自転車やシェアリング自転車とは違って、特定の自転車や設備は存在しない。利用できる自転車は多種多様であり、世界中どこでも借りれる(かもしれない)。昨今流行りの共有経済と情報技術の結合であり、P2P(Peer-to-Peer)共同体の自転車への適用だ。


Spinlister – The Global Bike Share – Make Money, Meet People, Save Environment from Spinlister on Vimeo.

Spinlisterの利用者はWebサイトかモバイル・アプリで場所や期間を指定して利用可能な自転車を調べる。気に入った自転車があれば、レンタルを申し込み、貸主からの承諾を得て予約完了。その後はチャットで受取場所や返却方法などを貸主と打ち合わせる。会員登録や自転車の検索閲覧は無料。実際にレンタルをする時のみ利用料がクレジット・カードから引き落とされる。それでは簡単に利用手順を見ておこう。

Spinlisterではログイン前でも、レンタル可能な自転車を確認できる。実際の利用にはSign Upしてアカウントを作成する。
メール・アドレス等を入力してアカウントを作成。右上の歯車をタップして、携帯電話番号やクレジット・カードなどを設定する。
利用したい自転車があれば、Requestボタンをタップする。使用開始と使用終了の日時を設定してレンタルを申し込む。
貸主が承諾すれば、Needs Paymentボタンをタップして支払いを行う。この時に破損や盗難の保険をかけることもできる。
予約完了すればBookedと表示される。受け渡しなどは貸主とチャットで打ち合わせる。利用終了後にレビューも書くと良い。

実際に名古屋で小径車を借りた時は、貸主の丁寧な対応もあってスムースに利用できた。シングル・スピードの小径車を一日借りて$5(600円弱)なので、リーズナブルだろう。ただ、Spinlisterは英語表示なので、多少分かりにくいかもしれない。例えば、レンタルを貸主が承諾すれば、予約完了に思える。しかし実際には支払いをしなければ手続き完了とならない。このような注意点はあるが、概ねサービスは良好に働く。

また、貸主は個人であることが多く、その居住地や勤務先で自転車を受け渡すことが多い。貸主によっては近隣の駅などに自転車を運んでくれるオプションもある。さらに番号式のロックをして駐輪場に自転車を停めれば、時間の制約がない受け渡しも可能だ。こうなるとsobi (Social Bicycles) が当初構想していたシステムにも近い。様々な共有サービスが影響を与え合いながら、今後も進化するに違いない。

さて、Spinlisterは、創業者がCraigslist(WEB版売買掲示板)で自分の自転車を貸し出したのが始まりと言う。従来のレンタル自転車とは異なり、日常的に使っている自転車を貸し借りするわけだ。結果的に、貸主の個性ごとに多種多様な自転車が貸し出されることになる。通常のレンタル店にロード・バイクはないが、どんな町にもロード乗りがいる。彼らがSpinlisterに登録すれば世界中でロード・バイクがレンタル可能になる。

これはもちろん条件付きだ。Spinlisterは本質的に情報サービスなので、いかに人々に認知されて利用されるかが課題となる。実際には本拠地であるサン・フラシンスコでも、自転車の登録はまだまだ少ない。そこでSpinlisterは既存のレンタル店との連携や、自転車メーカーVan Moofと組んでシェア志向の新型自転車を開発している。いつの日にかP2P自転車シェアリングがクリティカル・マスに達するだろうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA