Recon Jetは電気眼鏡の地位を得るか?

カナダRecon Instruments社(以下、Recon社)のRecon Jetは、$499のサイクリング用の眼鏡型コンピュータだ。左目の下辺りにディスプレイがあり、各種情報を表示する。これはGoogle Glassに似ており、実際にも類似した機能を持つ。しかし、Recon社はより早い時期から製品をリリースしており、Google Glassとは違って現在も開発と発売を続けている。ただし、2015年にIntelがRecon社を買収、現在はIntelの一部門だ。

recon-jet

筆者は2012年にOakleyのAirwaveを購入した。これはRecon社のMOD LiveなるHUD(ヘッド・アップ・ディスプレイ)をウィンター・スポーツ用のゴーグル型に組み込んでいた。GPS用の地図はスキー場しか用意されていなかったが、速度や方角などの表示は自転車でも有用だった。ただし、スキー用のゴーグルとしても大ぶりであり、これを付けて自転車に乗る姿はかなり奇妙だったはず。

wearing-airwave

Recon社は次なるターゲットとして自転車を選択した。自転車ではサイクル・コンピュータを使うことが多いので、HUDとの親和性が高いと判断されたのだろうか。一方で、自転車は余計なものを削ぎ落とす。重たいもの、かさばるもの、複雑なものは敬遠される。そのために開発が難航したのかもしれない、当初の予定より随分遅れて2015年5月にRecon Jetが届いた。その主要な機能は以下の通りだ。

  • 400×240ピクセルのヘッド・アップ・ディスプレイ
  • 写真と720Pのビデオが撮影できるカメラ
  • デュアル・マイクとスピーカー
  • GPS、加速度、ジャイロ、方位、気圧、赤外線のセンサー
  • ANT+、Bluetooth LE、Wi-Fiの無線通信
  • スマートフォンに連動する電話やメッセージなどの通知
  • 光学式タッチパッドと2つのボタンによる操作
  • AndroidをベースにしたReconOS
  • 1 GHz dual-core ARM Cortex-A9のプロセッサ
  • 1GBのメイン・メモリと8GBのフラッシュ・メモリ
  • 充電とデータ用のmicroUSBポート
  • 交換可能なバッテリー
  • 交換可能なレンズ

Recon Jetは重量85gで、軽量とは言い難いが、それほど重たいとも感じない。ただし、少しでもずれるとHUDが見にくくなる。実際の見え方としては、視界の右下部分が黒く覆われ、その中央に画面が小さく浮かぶ。画面を見るには視線移動と注視が必要。これは嬉しくないが、それ以上に大問題なのが右後方を振り返る時。ディスプレイが邪魔をして後方が見えないのだ。もっともこれは、右側走行の国では問題にならないのかもしれない。

wearing-recon-jet

画面操作は、サイドに備わる2つのボタンと光学式タッチパッドで行う。これらは手袋をしていても扱えるのが素晴らしい。操作体系は統一されているが、自転車に乗りながら操作するには、煩雑に感じる場合が多い。画面の情報量も多過ぎて、瞬時に把握しにくい。より単純化してスムースに直観的に操作できることが望まれる。ちなみに、音声コマンド機能は備わっていない。風切り音などのノイズで、正確な音声認識が難しいのだろう。

Recon Jetはスピードやケイデンス、あるいは心拍や踏み込みパワーなどの外部センサーの値を表示できる。これらは自転車用ディスプレイとしては必須の機能だ。センサーとの通信にはANT+やBluetooth LEを用いる。BontragerのDuoTrap SというセンサーもANT+とBluetooth LEの両方に対応している。そこで、iPhoneとはBluetooh LEで、Recon JetとはANT+で接続したところ、両方とも同時に使うことができた。

各種センサーの数値の表示の他には、周辺の地図に現在位置を示したり、友人がいる方向を示すことができる。これまでの走行データの確認や、着信やメッセージなどの通知の表示も可能。写真やビデオを撮影して、その場で再生するのも楽しい。また、スマートフォンの音楽プレーヤの操作もできる。画面をカメラで撮影するのは難しいので、Recon Jetのプレス・キットからスクリーン・キャプチャをいくつか転載しておこう。

recon-jet-ui-dashboard

recon-jet-ui-map

recon-jet-ui-quick-nav

recon-jet-video-shooting

連続使用可能時間は公称は4時間ながら、実際の走行では3時間前後だった。前述のようにDuoTrap SセンサーをANT+で接続し、ディスプレイの輝度は50%程度、視線検出をオン(見ていない時はディスプレイを自動オフ)にした状態での実測。ロング・ライドには、交換用バッテリーが必要になる。モバイル・バッテリーをUSBケーブルで繋いで、充電しながら使用しても良い。もっとも、そこまでして長時間使いたいとは思わない。

詰まるところ、Recon Jetは楽しいが、なくても困らないデバイスだ。ハンドルに取り付けたサイクル・コンピュータを超える利点を見出すことは難しい。視線移動が不要になれば快適になるだろうか?直観的なユーザ・インターフェースは可能だろうか?自転車ミニマリストにとってのキラー・アプリは何か? ご多分に漏れず、Recon JetもProバージョンが用意され、コンシューマを離れてエンタープライズ化しつつある今日この頃だ。

recon-jet-pro

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA